安価になった?

視力を回復させる方法として、最近はレーシックというのがよく聞かれます。 私の友達もレーシックの手術を受けたと言ってました。

術後、視力回復してからは、メガネやコンタクトは使うことがなく、 メガネやコンタクトの手入れをしなくてよくなり、 裸眼で快適に過ごしているそうです。

そんな話を聞くと、レーシックはかなり普及してるのだと思います。 やはり、周りでレーシックを受けた人がいるというのも大きいですし、 普及した理由に手術費用の低下も入ってると思います。 最近は、昔のように高額な手術ではなく、 技術の進歩や、マシーンの性能が上がることによって、 手術の件数も増え、レーシックの手術費用が安価になったようです。

しかし手術に抵抗がある人もいると思います。 私も目の手術なんて怖いという思いが強いです。

レーシック手術は、眼にレーザーを照射して、角膜を削ります。 角膜を削ることによって眼に入ってきた光の屈折率を変化させ、 網膜で焦点が合うように調整しています。 このようにして視力の矯正を行います。

そして、レーシックの中でも『スーパーイントラレーシック』と言うものがあります。 あまり聞いたことがないと思いますが、 通常の視力回復手術より、効果が高いと言われる手術の名称です。

このように、視力矯正と言っても色いろと違いがあるようですし、 手術に使うマシーンなどの違いによっても、名称は変わってきますので、 もし視力矯正に興味がある人は、 どんな違いがあるのかも調べてみるのがいいでしょう。

レーシックを選ぶ?

目が悪いと、メガネかコンタクトを使います。

聞いた所によると、眼鏡は目とメガネに距離があるので、 使っているうちにどうしても視力が落ちてきてしまうそうです。

しかし小さいうちからコンタクトは使えないので、 ある程度の年令になってからコンタクトを使うようになります。

メガネも、激しい運動をする時や、 入浴中や、海水浴の時には使えません。

そのために、水中メガネは、度入りを作っている友達もいます。 スキーの時に使うゴーグルも度入りだそうです。

でもせっかく作った水中メガネやゴーグルですが、 普通ここでは水中メガネやゴーグルは外すだろうと言う時でも、 それを外してしまうと見えなくなるので、 付けたまま食事をしたり休憩していました。 やっぱりちょっと不便そうです。

それに水中メガネやゴーグルを度入りで作るだけでも、 普通のものを買うよりお金がかかります。

日常で使うコンタクトも、最近は使い捨てなどが出たりして、 昔よりは金額もかなり安価になってきたようですが、 やはり毎日のことで、ランニングコストが掛かります。

コンタクトの人は、コンタクトを外した時にメガネが必要なので、 そのメガネも視力に合わせて作らないといけません。

目が悪いだけで、何かとお金がかかってしまうことを考えたら、 コンタクトやメガネから開放されるために、 レーシックを選ぶ人も増えているそうです。

手術をすることになるので、金額はそれなりに掛かりますが、 これから先、一生メガネやコンタクトから開放されるなら、 トータルで比べたら安くなるかもしれません。

手術に不安を感じるかもしれませんが、 最近は、技術も進歩しているので安心です。

レーシック、考えてみてはどうでしょう?

興味惹かれるレーシック

秋になると恒例のお祭りがあります。 実家のほうでは、『どんばな』と言う天狗が来るのです。 神社のお祭では、どんばな役は若い男性で年男がやるようです。 やんちゃな小さい子を見かけたら、追いかけて泣かしています。 うちの甥っ子も必ず追い掛け回されるので、 毎年この時期はお利口になっています。 そのお祭ももうすぐなので楽しみデス。

さて、目が悪い人にとって、目が良くなりたいともう人も多いでしょう。 最近は、視力矯正が身近に感じられるようになりました。 雑誌や新聞でもレーシックの広告を見ますし、インターネットでも見かけます。 その視力矯正手術の一つにレーシックというのがあります。

少し前ならこのレーシックは限られた人が受けるものだと思っていました。 例えば、目が良くないと困るような職業の、 スポーツ選手や、パイロットなどです。 そんな人達が、高額の手術費用を出して受けてるものだと思っていましたが、 最近はレーシックの技術も進歩してきましたし、 価格もかなり下がってきたようです。 それに手術自体は数時間もあれば終わるので、 入院することもないですし、痛みもありません。 保護用のメガネを掛けることはありますが、 次の日から普段通りの生活が出来るのです。

それに近視の矯正だけでなく遠視や乱視の矯正もできるようになっています。 老眼は今のところ矯正できませんが、 技術の進歩はとても早いので、そのうち老眼の矯正もできるのではないでしょうか?

いつもメガネやコンタクトをしてる人にとっては、 それらから開放され、裸眼で普通に生活が出来るのは、 夢の様なことかもしれません。

近視矯正手術色々

近視矯正手術を身近に感じるようになりました。 色んな種類があるようで、どう違うのかわかりにくいですが、 よく聞くレーシック以外でも手術方法はあるのでしょうか?

レーシックは、まずフラップを作ってから、 フラップをめくった角膜にエキシマレーザーを照射して、 光の屈折率を変化させる手術です。

レーシック以外でエキシマレーザーを照射して行う手術は、 『PRK』と『エピレーシック』と、『ラセック』があります。

通常近視強制の手術ではフラップを作るのですが、 この『PRK』の手術ではフラップを作らないで直接エキシマレーザーを照射します。 そのため術後に痛みを伴いますし、 角膜上皮が再生するまでは保護用のコンタクトを付けなければいけません。 期間は約1週間くらいになります。 視力回復はレーシックより緩やかで、 角膜上皮に混濁が残ることもあります。 手術自体は簡単で、両目で10分程度です。

次に『エピレーシック』です。 エピケラトームという専用の精密機器を使って行う手術で、 この機械で角膜上皮とボーマン膜の一部を削って薄いフラップを作ります。 しかしフラップの強度や安定性が低いので、フラップを取ってしまうこともあります。

最後に『ラセック』ですが、 アルコール溶液を点眼して角膜上皮を剥離します。 それからエキシマレーザーを照射します。 術後に角膜変性を起こすことがあります。

レーシック以外にもエキシマレーザーを用いた近視矯正手術がいくつかあり、 角膜が薄い人や、フラップのズレが心配な人に進められる術式になりますが、 自分の目に適応するかどうかは十分な検討が必要です。

 

だれでも受けれる?

視力が悪いと、毎日何らかの手間が掛かります。 メガネをかけている場合は、常に携帯していないといけませんし、 コンタクトの場合は手入れのこともあります。

そんな面倒なことが続くなら、視力矯正を受けようかと考える人もいるでしょう。 最近では、近視だけでなく、遠視や乱視にも有効な手術になっています。

しかし誰でもがレーシック手術を受ける事が出来るわけではありません。

レーシック手術は、角膜にレーザーを照射して角膜を削り、 その厚さを変えることで、眼に入ってくる光の屈折率を変化させる手術です。 角膜を多く削るほど、強い矯正を掛けることになります。

その為、矯正の度合いにもよりますが、 元々の角膜が薄い人は、受けることが出来ません。 角膜が薄くなってしまった時に、円錐角膜になることもあります。 角膜中央部が薄くなって、突出する病気で、不正乱視の原因にもなります。 この疾患を持っている人もレーシック手術は受けることが出来ません。

それ以外にも慢性的な病気や、妊娠中の方は手術を受けることが出来ません。 これは術後の回復過程が、健康な人と違うことがあるからです。 常用している薬によっても注意しないといけないこともあるので、 必ず医師に相談したほうがいいでしょう。

年齢制限もあります。 18~40歳までの方で、術前検査に問題がなければ、受けることが出来ますが、 一般的に18歳までは成長過程になると考えられるので、 矯正手術をしないほうが良いと言われていますが、 18歳未満でも、視力で受験資格などが引っかかってしまうような時は、 保護者の同意と、本人の理解と意志があれば、 手術が可能な施設もあります。

40歳を超えての手術も受け付けていますが、 眼の調整能力が段々落ちてきますし、 老眼の進行もあったりするので、術後の視力決定には慎重にしないといけません。 日常生活などよく考えて、医師と相談しましょう。

利き目って?

体には左右で一対になってるものが多いですね。 足や手もそうですが、眼もその一つです。 そして、利き腕や利き足があるように 目にも利き目があります。

基本的に利き腕と同じ方の目が、利き目になっています。 両目で見ている時はあまり感じませんが、 利き目の方は、わずかに遠方にピントがあっていて、 利き目でない方が逆に少し近くにピントがあっているのが理想です。

片目を隠してみた時に、見え方が違うというのは普通のことです。

しかしレーシック手術の現場では、それは考慮されていないため、 利き目でないほうが視力を測った時にわずかに悪いということがあります。 それは視力は遠くの見え方を数字で表しているので、 利き目でないほうが利き目より遠くにピントを合わせにくいためです。

それなのに両目の視力を合わせるように手術した場合、 利き目でない方に強い矯正を行ってしまい、 利き目の方の視力より、利き目でない方の視力が上がってしまうのです。

そのため利き目の逆転現象が起こってしまう可能性があります。 もし利き目が逆転してしまうとどんなことが起こるのでしょう? それは体のバランスが悪くなってしまうので、 スポーツ選手には致命的となります。

このため本来ならレーシックに限らず、コンタクトやメガネの場合でも 利き目でない方はゆるめに矯正するのが望ましいです。

利き目の概念を考慮して矯正を行うことをモノビジョンといいますが、 欧米では一般的に行われていますが、 左右非対称を受容する能力の低い日本では、 この考えはあまり浸透していません。

もし矯正を考えてるようでしたら、 利き目のことも考慮して矯正後の視力を検討した方がいいでしょう。

屈折矯正の問題点について

屈折矯正に関して、メリットだけでなくデメリットもあります。 手術を行う上で、よく理解してから手術するかどうかを決めないといけません。

そこで起こりうる問題の幾つかをあげていきたいと思います。

術後は角膜を元の状態に戻すことはできません。 そして、角膜の安定するのに掛かる時間は個人差があります。

他には、矯正の誤差があることがあるので、 新たに近視や、乱視、遠視になることもありますし、 再手術やコンタクトやメガネなどの追加矯正が必要になることもあります。

角膜を削るので、角膜の強度が低下することも考えられますし、 眼に違和感が残ることもあります。

他にレーザー矯正の副作用として、 ハロによる光のにじみがあったりします。

夜間に強い光を見た時にギラギラとした眩しさを感じることがあります。

さらに暗い場所での見え方に、鮮明度が低下することもあります。

ドライアイもありますが、これは起こっても人工涙液の点眼などで、 通常1ヶ月程度で回復します。

他には感染症もありますが、 これも抗生物質の点眼を行えば予防、防止出来ます。 イントラレーシックでは、使う器具はすべて使い捨てになるので、 感染はありませんが、角膜や結膜の表面には細菌が常在しているので、 術後には眼を清潔に保つことが感染予防になります。

イントラレーザーのアタッチメントの吸引で起こる可能性のある、 網膜剥離や、眼底出血も考えられます。 しかしかなりの症例の数の手術のうち、一度も起こったことはありません。 起こったとしても、数日で治り、視力に影響はありません。

角膜を薄くしすぎて起こる合併症もありますが、 学会では250ミクロン以上残すように規定があるので、 このデメリットは回避できることですが、 眼圧が高かったり、よく瞼をこすったりする人は起こりやすい症状です。

照射マシーンの進歩

角膜の局所的な歪みにレーザーを照射することが出来なかったので、 これまでは乱視の矯正には限界がありましたが、 角膜を詳しく解析できる装置が出てきたお陰で、 この乱視の矯正の限界を打破してくれました。

その装置は、ウェーブフロントレーザーと言う装置で、 角膜の歪みを解析装置を用いて計算することによって、 どこを削れば角膜の歪みがなくなるのかがわかるようになりましたし、 この方法で、水晶体の歪みも計算されてるので、 さらに性能が良くなっています。

この誘導装置によってエキシマレーザーを照射して角膜歪みに合わせて補正をします。

このような個別でできる照射のことをカスタム照射と言います。 この最先端のウェーブフロントレーザーの登場によって、 角膜の屈折矯正は格段に進歩しました。

このウェーブフロントレーザーには2種類あります。 一つは平均的な眼から得られたデータから、 ウェーブフロント照射の行われるオプティマイズド照射です。 これは近視や乱視など平均的な眼に有効です。

もう一つのガイディット照射は、 その眼にあった最適な照射を計算してくれるので、 平均的な眼だけではなく、特殊な眼でも良い結果が得られます。

術後の見え方もいいので、オプティマイズド照射より、 ガイディット照射の方が優れています。

レーザーによる屈折矯正のマシーンも、 このように日々進歩しているので、 さらなる精度の向上と、 今までは難しいとされていた矯正も行われるようになることが期待されます。

園外保育

今日は、下の子の幼稚園で、 1学期最後の園外保育がありました。

毎月ある園外保育なので、 そんなに遠くヘは行かないですし、 幼稚園バスで行って、公園で遊ぶくらいなものです。

せっかく最後だったのに、朝からあいにくの天気でした。

お弁当は雨でも作らないといけないので、 朝から作ったのですが、 子供が帰ってきてから話を聞くと、 昼前には雨も止んで晴れてきたので、 公園にはみんなで行ったのですが、 お弁当は幼稚園で食べたそうです。

せっかく作ったお弁当なのに、仕方ないです・・・

さて、今回はエキシマレーザーの進化についてです。

これまでは不正乱視を矯正することができませんでした。 なので乱視の矯正は困難だったのですが、 角膜を詳細に解析する装置が出来てからは、 不正乱視の矯正も可能になりました。

この装置では、網膜から反射する光を測定します。 正常な時は反射光が綺麗に並ぶのですが、 角膜が歪んでいた場合には、これが乱れます。

それを解析して、どうすれば反射光が綺麗に並ぶのかを計算し、 角膜の削る場所を導き出してくれます。

その計算から出た場所に、レーザーを当てることで、 角膜を補正し、更には水晶体の歪みまで、 誘導装置によって、計算した場所へ照射してくれるのです。

この最先端の装置の登場で、 矯正の精度が格段に上がりました。

これをカスタム照射と言いますが、 これが出来る装置をウェーブフロントレーザーと呼びます。

カメラと眼の違い

もうすぐ夏休みなので、 自由研究の題材を探しています。

よく見るのがピンホールカメラで、 光を集めてそれを写す白黒写真のようです。

やってみてもいいなと思ったのですが、 私が手伝うことのほうが多い気がして、 他のものはないか、まだ探しています。

よくカメラと眼球は似ていると言われますが、 どれくらい似てるか比べていきたいと思います。

カメラには簡単に言うと、 最初にレンズがあり、 そこから入ってきた光を絞りで調節して、 フィルムに焼き付けます。 これを現像すると写真になりますが、 目はどのようになっているのでしょう?

まず最初に光が入るカメラで言うところのレンズは、 角膜と水晶体です。 この2つを通る時に光を曲げて物を見ています。 光の曲げ方はそれぞれで違っていて、 角膜のほうが光を曲げる率は高いです。

そして水晶体にはピントを合わす役割もあります。 こちらのほうが主な役割となっています。

光を絞る役目に当たるのは、虹彩です。 虹彩によって光の量を調整しています。 この中央に瞳孔があって明るい時は小さく開き、 暗い場所では大きく開きます。

この開き方は年令によって違っていて、 20歳で最大になりますが、 年を取ると開きが小さくなっていきます。

カメラで言うところのフィルムは網膜に当たります。 水晶と網膜の間には硝子体があって、 ゼリー状の液体が入っています。

網膜に当たった光が、視神経から脳に伝わって、 見た映像がわかるようになっています。 この視神経も年令によって減少してきます。

このようにカメラと目はかなり似ていますが、 やはり眼のほうが高性能なようです。

当たり前ですが・・・